バフ研磨加工/精密板金加工/筐体加工/機械加工/各種試作品制作/塗装・めっき

株式会社 ナンエツ工業

事業案内

会社沿革

経営理念

平成元年10月26日
神奈川県相模原市田名4128番地の1にて設立。
従業員4名で稼動を始める。
一貫して技術の研鑽と向上を目指し質の高い完成品の提供によって、得意先の信頼を得られ、得意先も大手、中堅企業にひろがり事業規模も拡大して現在地への移転に至る。
更に従業員も順調に増加して稼動の効率化を実施し、現在の経済が混乱する中にあってもさほどの影響も受けず、安定した業績を維持し続けてます。

品質方針

1. お客様の要求事項を追究し、高い信頼性と品質の良い製品を効率的に供給することでお客様満足にお応 えします。
2. 全社員は、お客様の要求する品質や確かな信頼を維持するために常に最大限の努力をし、誠心誠意対応します。

             制定日:2017年3月1日 (株)ナンエツ工業 代表取締役 内田 鉄雄

目標・理念

技術の特長1

当社では、長年培った技術を活かし、取引先に安心と満足が提供できるよう日々努力を重ねております。

分野を選ばず、時代の流れに沿った柔軟性が発揮出来れば、自ずと会社も飛躍出来るものと、信じております。

これから先も、高品質で適切な価格の製品を目指し、取引先のニーズに応えて、少しでも役に立てる会社作りに邁進していきたいと思っております。


業務内容

ITを活用した取り組み

◆バフ研磨
布製等の材料で作られた研磨輪(バフ)の周囲(表面)に皮や毛、樹脂等の柔軟材、種々の研磨剤などを付けて高速回転させて素材を研磨する方法です。工作物の最終仕上げ段階での光沢出しや、めっきの下地作りとして用いられます。バフは軟らかいため研磨面に多少の段差があっても研磨できます。当社の研磨加工技術は、多くのお客様から高い評価をいただいております。

◆機械加工
所定の製品・部品を造るための加工方法の総称です。
機械加工では、各種の工作機械を使うことにより所定の形状、寸法、表面粗さなどを得るために加工素材から不要な部分を除去して、製品・部品を成形します。

◆精密板金加工
ステンレス、アルミ等の金属板を切断、曲げ、溶接などの
加工を行い、高精度な製品を形作る加工法です。
自由な形状の製造が可能です。

◆レーザー加工
光のエネルギーを小さな面積に集約させる事により、大きなエネルギーを発生させ、ワーク(被加工体)を溶融する加工の事です。
タレットパンチプレスでは、加工が困難な厚板シートの加工や曲線などの複雑な形状のカット・切欠き・穴あけ加工に適しています。

加工分類表

工場間ネットワーク運用

環境対応1

本社工場と橋本工場をVPN接続してネットワーク共有しております。事務所の自動プログラミング装置と主要機械をネットワーク運用して機械の稼働率向上と合理化を実現しております。